ラクトフェリンは乳酸菌と同じ?

ラクトフェリンは乳酸菌と同じ?

乳酸菌とは?

ラクトフェリンは乳製品(特に母乳)に含まれていて、腸内環境を整え便秘解消にもなると言われているため、乳酸菌と同じものではないかと考えてしまいがちです。しかし実際は同じものではありません。ラクトフェリンはたんぱく物質で、乳酸菌は体に良い影響を及ぼす細菌(善玉菌)です。乳酸菌は体内なら腸内にたくさん存在していますし、発酵食品にもたくさん含まれているのは知られています。ヨーグルトやチーズ、味噌、醤油、漬物などに含まれているのは有名です。腸内では善玉菌として悪玉菌が増えるのを抑えます。そうすると腸内環境が良くなり、便秘の解消、免疫力アップ、コレステロールや血圧の低下、アレルギーの緩和といった効果があります。乳酸菌は口の中にも存在し、歯周病や虫歯の発生を抑えるといった効果もあります。

ラクトフェリンとは何?

ラクトフェリンはたんぱく質であることは先ほど述べましたが、体液にも含まれているので感染症から体を守り、免疫力をアップする効果があるものです。腸内の善玉菌の活性を促すことで内臓脂肪を減少させる効果もあり、健康維持からダイエットや美肌といった美容面でも良い効果があるとされています。

ラクトフェリンが乳酸菌とくっつくとどうなる

ラクトフェリンは乳酸菌の活性を促す効果があります。ラクトフェリンと乳酸菌を同時に摂取すると相乗効果となってラクトフェリンが乳酸菌をより活発に働かせ、悪玉菌を抑制していきます。腸内に悪玉菌が増えると瞬く間に悪玉菌に占領されてしまうのですが、悪玉菌が弱ると善玉菌がどんどん元気になります。悪玉菌は腸内の鉄分を吸収して増えていきますが、ラクトフェリンは鉄分と結びつきやすいために悪玉菌に鉄分が回らず、悪玉菌が死滅してしまうのです。そこに乳酸菌が入ってくると腸内は善玉菌が占領し、とても良い環境になるというわけです。ラクトフェリンと乳酸菌は別のものですが、同時に摂取することでなお良い状態にする働きがあるのです。

↑ PAGE TOP