ラクトフェリンはどんな食物に多く含まれる?

ラクトフェリンはどんな食物に多く含まれる?

ラクトフェリンは食物から摂れる?

ラクトフェリンはヒトの母乳にたくさん含まれていることがラクトフェリン学会でも発表されており、ここ数年で多くの人に知られるようになってきました。体に優れた効果があるもので、ぜひとも摂り続けたいものとわかってきていますから、積極的に摂りたいと考えている人も多いようです。毎日の食事でラクトフェリンを摂取することは可能なのでしょうか。ラクトフェリンを多く含む食物を知り、できれば毎日の食事でも摂取できるようにしておきましょう。

ラクトフェリンを含む食べ物

ラクトフェリンはヒトの母乳に一番たくさん含まれていますが、その他には乳製品であるチーズやヨーグルト、牛乳、脱脂粉乳、スキムミルクなどに含まれています。しかし、どのチーズやヨーグルトにも含まれているわけではありません。「ラクトフェリン入り」と明記されたものだけです。牛乳にもラクトフェリンは含まれているのですが、牛乳として流通する前に殺菌処理をします。たいていの牛乳は高温で数秒間殺菌しますが、この時点でラクトフェリンはほとんど無くなってしまいます。ラクトフェリンは熱と酸に弱いのです。牛乳でも、低温殺菌されたものの場合はある程度ラクトフェリンは含まれているかもしれませんが、十分な量とは言えないのです。また、酸にも弱いということは、胃を通過する時に胃酸に負けてしまいます。腸まで届いて初めて効果を発揮するものですから、腸まで届くような処理をしてあるものを選ぶようにします。

ラクトフェリン入りヨーグルトがおすすめ

ラクトフェリンが注目されるようになってから、ラクトフェリン入りと明記してあるヨーグルトが発売されるようになりました。これにはラクトフェリンがしっかり含まれており、腸で効果を発揮するように加工されているので安心して摂ることができます。ヨーグルトなら小さな子どもからお年を召した人まで誰でも食べられるのでおすすめです。どうしてもヨーグルトが苦手だという場合は、サプリメントなどで摂ると良いでしょう。

↑ PAGE TOP